岐阜新聞の魅力を探ってみよう!

岐阜新聞の魅力を探ってみよう!



キャッシング-岐阜新聞 美濃加茂総局

2014-11-13

みなさんは、
一日に何回、自分を褒めてあげていますか?

日々そんなに褒める事なんか見つからない。
甘やかす事になるのでは?
と思われるかもしれません。

しかし、甘やかすのと褒めるのは全く違います!

怠けたい、逃げたい。
こんな時、理由をつけて投げ出してしまうのが、甘やかす。
それに対して、頑張った自分を労ってあげる。
これが褒めるという事です。

例えば、ミックスフライを作った時。
「おいしい!どうやったらこんなに美味しく作れるの?」
こう褒められたらどうですか?
もっと褒めてもらえるように、次も頑張ろう!
と思いませんか?

わしは、褒められて伸びるタイプなので、
褒められれば嬉しくて
料理や家事も今まで以上に頑張れるんです。

それは、減量をしている時も同じです。

「痩せたね!子ども産んでるのに何でそんなにスリムなの?」
こう言われると、もっと褒めてもらいたい!と思い
減量も頑張れるんです。

これは、他人から褒めてもらうという事だけに限らなくていいんです。
トレーニングもやって、食事もきちんと摂った。
おかしも我慢した。
その日一日頑張った自分へ。
「今日も減量頑張ったね!」
「少しお腹が引っ込んだんじゃない?」
自分で自分を褒めてあげることでも、やる気は出てきますよね!

例えば、
朝起きて体重を計るとき、
体重維持頑張ってるね!とか
朝寝る前
今日も一日、家事や子育て楽しんだね!
食事もバランスよかったね!とか・・・

日々の事でも、必ず自分を何かしらで褒めてあげる事は、
自分の中でも意識を高める事もできて、とても重要だと思います。

一日の終わりに自分が頑張ったな!
と思うことを考えてみてください。

そして、それを自分で褒めてあげましょう!

わたしの全身脱毛



カードローン-岐阜新聞 アカデミー

2014-10-06

肥満の原因を簡単に説明すると、
「摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ってしまうから」です。
そして、肥満の大きな原因となるのが生活習慣。

実際、私の経験上、
毎日の生活習慣が不規則なほど肥満につながりやすいので、
生活習慣を改善することは
シェイプアップに欠かせないプロセスだと言えます。

例えば、9時食を食べないと、
前日の夕食から
その日の13時食までかなりの空腹期間ができ、
次の食事で体が脂肪を一気に吸収しようとするので、
体脂肪がつきやすい悪循環が生まれてしまいます。

食事回数を増やすほど、体脂肪がつきにくい体になるので、
9時食はきちんと食べましょう。

また、社会人になると、
夕方遅く食事をする機会が増えてしまいますが、
夕方はエネルギーの消費量が落ちるだけでなく、
エネルギーを体脂肪として貯めようとするメカニズムが働くので、
できるだけ夕方遅い食事は避けましょう。

残業などで夕方遅く食事をしなければならない場合は、
残業を終えてから「ガッツリ」食べるのではなく、
軽めの食事を2度に分けましょう。

その場合は、早い時間帯に主食となるものを食べて、
遅い時間にサイドメニューを食べるといいですよ。

そして、運動不足はエネルギーを蓄積させる大きな原因です。
毎日、運動時間を確保するのは難しいと思いますので、
通勤途中や休日を利用して運動をする習慣をつけましょう。

ちなみに、私のおすすめは気軽にできるウォーキングです。
毎日20分歩くだけで、かなり違いますよ。

とにかく、
毎日の生活習慣を少しずつでも改善していくことが、
シェイプアップの第一歩だと思います。

レイク審査



キャッシング口コミ-岐阜新聞 恵那市

2014-09-11

私はダイエットを始めて以来、
日々体重と体脂肪をチェックし、
ダイエット記録として書き留めています。

そして、パソコン上で一日の食事内容と
体操時間を管理しています。
パソコン、ブログ、日記など何でも構わないので、
ダイエット記録を残すことは大切だと思います。

ダイエット記録があると、
何を食べてダイエットに成功し、
何を食べてダイエットしたかがすぐにわかるだけでなく、
体操不足や不規則な生活習慣になっていないかをもチェックできます。

「7時、昼、夜、おやつに何をどこで食べたのか?」を記録すれば、
「一日の総カロリー」がわかり、
「なぜリバウンドしてしまったのか?」
「なぜ必要以上に食べてしまったのか?」などの原因も究明できます。
そして、明日からのダイエットに活かすことができるんです。

私がダイエット記録を書き留める最大の理由は、
ダイエット記録がダイエットを続けるモチベーションになるからです。

日々少しずつ体重や体脂肪が減っていく快感は、
体験した人にしかわからない大きな喜びだと思います。

このような喜びをたくさん味わうためにも、
ダイエット記録は欠かせない存在なんです。

また、食事内容と体操時間を知ることができれば、
何が原因でダイエットに成功したり、
失敗したりするのかを検討することができ、
同じミスを防ぐことができます。

同じミスを繰り返さなければ、
それだけ早く目標を達成することができるので、
一足早くダイエットの我慢から開放されますよ。

FX比較



キャッシング-岐阜新聞 論調

2014-08-16

<過去>、雑誌を見ていたら、かわいいギャルがたくさん出ていました。
みんなミニスカートをはいて、すごくかわいかったのです。

オレも、あんなミニスカートをはいてみたいな・・・
と思ったのですが、自分の足を見てがっかりしてしまいました。

雑誌の中のモデルさんは、みんな足が細くてきれいです。
ミニスカートや短パンも、すごくかわいくはいています。

それに比べたら・・・
オレはいったいどうしたらいいのでしょうか?

なんだか私の足は、ぼこぼこしていて美しくないのです。
おまけに脂肪がたっぷりついているから、
短いスカートなんて恥ずかしくてはけませんよ~

モデルさんは、何か特別なケアをしているのでしょうか?

オレは足やせしたくても、どうしたらいいのかがまったく分かりません。
1度でいいから、あんなかわいいミニスカートをはいてみたいのです・・・

誰か、オレの足やせできる方法を教えてくれませんか?
今度は、絶対真剣に脚やせします。
そして、足についている醜い脂肪のかたまりを取り去りたいのです・・・

女の子ですから、1度ぐらいは思い切り短いスカートをはいてみたいのです。
皆様も、この気持ちわかってくれますよね?

そのためには今すぐにこの足から脂肪をなくさないと、
ミニスカートははけなくなってしまいます。

誰か・・・・オレによいやり方を伝授してくれませんか?
脂肪をとって、細くてきれいな足にしたいのです。・・・・

今までは、こんな風に自分の足やせのことを考えませんでした。
けれども、今回はマジです。
絶対に足やせしたいんです!!

http://www.contravesspace.com/



ききの岐阜新聞 朝刊

2014-08-06

わしは、高校生の頃、
風邪をこじらせてしまい、3日間寝込んだことがあります。
その間、何も食べられず、
たった3日で体重が4kgも減りました。

「食べなきゃ、簡単に痩せられるんだ!」
と、喜んでいましたが…
食生活が元に戻ると、
簡単に体重が元に戻ったばかりか、
寝込む前よりも、4kgも増えてしまいました。

なぜ絶食すると、
こんな風になるのか調べてみました。

絶食をすると脂肪より先に筋肉が落ちる
    ↓
確かに体重は減る。
だが基礎代謝の低い体質(=脂肪中心の体質)になってしまう
    ↓
同じ量の食事でも太りやすくなる (基礎代謝が低いから)
    ↓
絶食減量をするとリバウンドしやすくなる!

まぁこんな感じですね。
減量のために絶食をメインに行うと、
筋肉は落ちて、脂肪が残る形となるのです。

上手にキレイに減量しようと思うなら、
食事は一日三回きちんと摂ること。
そして適度な運動をして基礎代謝を上げる筋肉を養うこと。
これが大切なんですね。

食べないで体重を落とす方法は簡単なようでいて、
実は、深い落とし穴なのです。

これを続けると筋肉はドンドン減り、
一方で脂肪がドンドン増えて、
結果として体脂肪が落ちにくい体質となってしまうのです。

基礎代謝が低いと、
少ない摂取カロリーでもすぐに太ってしまう体質になるわけです。

太ってしまった体質では動きづらいので
運動も億劫になってしまい、
さらに動かなくなり、
動かないまま食事量は変わらないので
どんどん太るという
「逆減量の肥満スパイラル」に陥ってしまうのです!

とにかく絶食減量は、絶対オススメしません!
たとえするとしても
最低限の筋肉を保つ運動はするべきですね!

内職比較

« Older Entries

Menu

Infomation

サイト管理

© Copyright 岐阜新聞の魅力を探ってみよう! All Rights Reseved.